チンキングとコーキングの違い

チンキングとコーキングの違い

隙間を埋めるシーリングはチンキングとコーキングに分類されます。同じシーリングで、チンキングとコーキングとでは何が違うのでしょうか? まずは、名称の違いを確認いたします。コーキングのcaulkは「隙間・継ぎ目をふさぐ、水漏れ、空気漏れを防ぐ」という意味です。もちろんチンキングのchinkも「隙間、割れ目をふさぐ」という意味がありますが、それ以外に「裂け目・割れ目、狭い隙間、隙間からの光」など壁等の隙間自身を現す意味もあります。若干の違いはありますが、両方とも「溝を埋める・ふさぐ」という意味では同じです。それでは、用途の違いを確認いたします。ログハウスでのコーキングは主に木部に生じた亀裂や木口の隙間を埋めるために使用されます。対してチンキングは北米のログハウスなどで見られるハンドカットログのグルーブやノッチ周りの隙間を埋めて風、砂、虫、外気等の侵入を防ぐ為のログハウス特有の工法です。

シーリング

[名前]chink「隙間、割れ目をふさぐ」という意味がありますが、それ以外に「裂け目・割れ目、狭い隙間、隙間からの光」など壁等の隙間自身を現す意味も。
[用途]北米のログハウスなどで見られるハンドカットログのグルーブやノッチ周りの隙間を埋めて風、砂、虫、外気等の侵入を防ぐ為のログハウス特有の工法。

[名前]caulk「隙間・継ぎ目をふさぐ、水漏れ、空気漏れを防ぐ」という意味。
[用途]ログハウスで主に木部に生じた亀裂や木口の隙間を埋めるために使用されます。

次に、コーキングとチンキングの性質の違いをみてみましょう。

[コーキングの場合]

木材の亀裂は進行割合が大きい為に、木部に使われるコーキング剤には、木部にも接着する性能と伸びる性能の両面を兼ね備えていなければなりません。例えば、ログハウス部材の表面に2mmの亀裂が生じたとします。この亀裂は乾燥などで容易に6mmの亀裂に進行する事も十分にありえます。亀裂が変化したサイズはたったの4mmですのでコーキング剤自体にさほど負担が掛からないように思えますが、実際は元々充填した時点から200%伸びる事になります。それに耐えられる接着力と伸張力が必要になります。接着力と伸張力が欠けているとその変位に耐えかねてコーキングした接着面が剥がれたり、コーキング剤そのものが裂けてしまいます。接着面が剥がれた現象をアドヒーシブ・フェーリア[Adhesive Failure(接着の面が剥がれたことによる失敗)〕、コーキング剤自体が裂けてしまうことをコヒーシブ・フェーリア〔Cohesive Failure(ちぎれたことによる失敗)〕と呼んでいます。このように、コーキングには一見、運動量が少ないような場合でも実際は大きな比率で負担が掛かっている場合があります。

[コーキングの場合]

木材の亀裂は進行割合が大きい為に、木部に使われるコーキング剤には、木部にも接着する性能と伸びる性能の両面を兼ね備えていなければなりません。例えば、ログハウス部材の表面に2mmの亀裂が生じたとします。この亀裂は乾燥などで容易に6mmの亀裂に進行する事も十分にありえます。亀裂が変化したサイズはたったの4mmですのでコーキング剤自体にさほど負担が掛からないように思えますが、実際は元々充填した時点から200%伸びる事になります。それに耐えられる接着力と伸張力が必要になります。接着力と伸張力が欠けているとその変位に耐えかねてコーキングした接着面が剥がれたり、コーキング剤そのものが裂けてしまいます。接着面が剥がれた現象をアドヒーシブ・フェーリア[Adhesive Failure(接着の面が剥がれたことによる失敗)〕、コーキング剤自体が裂けてしまうことをコヒーシブ・フェーリア〔Cohesive Failure(ちぎれたことによる失敗)〕と呼んでいます。このように、コーキングには一見、運動量が少ないような場合でも実際は大きな比率で負担が掛かっている場合があります。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る